修理・サポート担当の伊藤です。 

ある日突然、重要な文書や写真が失われてしまう。パソコンを使っているとそのような状況に遭遇することがあります。

データ損失

そんな時に大切なのが定期的なデータバックアップです!お客様にもバックアップの重要性をお話しすることがありますが「面倒くさくて後回しになる」、「今までパソコンが壊れたことないから大丈夫」、「そもそもバックアップの仕方がわからない」という声をよく聞きます。

そこで今回はデータのバックアップのやり方、保存方法についてご説明したいと思います。

バックアップの基本はデータの二重化

データバックアップ

「データはUSBメモリに保存しているから大丈夫」という声を頂くこともありますがこの状態だとUSBメモリが壊れてしまったらデータも消失してしまいます。

バックアップの基本はコピーを取ってデータを二重にすること。

USBメモリーにデータを保存している場合はパソコンにも同じデータをコピーするか、もう一本USBメモリーを用意してデータをコピーして初めてバックアップをしているということになります。

何にバックアップをするのか

バックアップメディア比較

バックアップ先の外部メディアは

①外付けハードディスク

②USBメモリー

③光ディスク(DVD、ブルーレイ)

④クラウドストレージ(DropuboxやOneDrive等)

と大きく分けて4種類ありますが、それぞれ寿命や保存容量に差があるので用途に応じて使い分けることが重要です。

まとめ

バックアップを初めて行うという方はUSBメモリーを用意してバックアップするデータを決め、週1回とか定期的にUSBメモリーにコピーをすることを習慣にするとよいと思います。

また、当店ではバックアップの代行作業を行っておりますので「今まで一度もバックアップをしたことがない」、「バックアップという言葉は知っているけどやり方がよくわからない」という方はお気軽にご相談ください。

バックアップチラシ

 

2+