修理・サポート担当の伊藤です。

文書作成や表計算などで広く使われているOfficeソフト。一般的にはMicrosoft(マイクロソフト)のOfficeが有名ですが同じ機能をもった互換ソフトというものも他メーカーから販売されています。

互換ソフトの一番の魅力は価格が安いこと。ただ、安いことによるデメリットもありますので、どういう使い方をする人に向いているのかご説明したいと思います。

互換Officeソフトの使用が向いている方

  • できるだけ安くWord、Excelを使いたい
  • 家庭用として使用する
  • 他の人とデータのやり取りが頻繁ではない
  • 複雑な文書、表計算は作成しない
  • Excelでマクロを使用しない

基本的には他の人とデータのやり取りをせず、複雑なレイアウトの文書や表計算をしない方に向いています。

 

Office互換ソフトの種類

  • WPS Office(有料)
  • Libre Office(無料)
  • Open Office(無料)

この中でもおすすめはWPS Officeです。

有料になりますがMicrosoft Officeの互換ソフトとして最も多く利用されており、レイアウトのずれが少なく操作もMicrosoft Officeとほとんど同じように利用できます。

ただ、どうしてもお金をかけたくないという場合はLibre Officeをおすすめします。

 

WPS Officeのメリット・デメリット

メリットはやはり価格が安いことです。Microsoft Officeと比べると約1/10という価格はかなり魅力があると思います。

デメリットは複雑なレイアウトの場合はずれが発生したりExcelのマクロが動かないということがありますが、一般的な使用であれば問題ないと思います。

また、メールソフトのOutlookが付属していないことについてもThunderbirdのフリーのメールソフトもあるので必要であればインストールすれば問題ありません。

 

まとめ

新品のパソコンを購入した場合はMicrosoft Officeが最初から付属していることが多いですが中古パソコンの場合はOfficeが付属していないことはよくあります。

そのような時はパッケージ版のOfficeを購入する必要がありますが価格がとても高いので選択肢の一つとしてOffice互換ソフトを検討してみてはいかがでしょうか?

5+