修理・サポート担当の伊藤です。

「あなたのパスワードが侵害されました」という件名のメールが届いたという相談をお客様から頂きました。実は当店の代表メールアドレスにも同じ件名のメールが届いており、別のお客様からも同じような相談が12月中に2件ありました。このメールには以下の特徴があります。

———————————————————————
①送信者のメールアドレスが自分のメールアドレス
②パスワードをハッキングした(盗んだ)
③パソコンのウェブカメラで盗撮して写真を撮影した
④ウイルス(トロイの木馬)をパソコンに仕込んだ
⑤ビットコインで支払えと要求してくる(2日以内に支払えという期日が記載されている)
⑥日本語がおかしい(機械翻訳?)
※当店に届いたメールには「私は言う-あなたは大きな変態です。無限のファンジー」という意味不明な一文がありました(-_-;)
———————————————————————

結論から言うと詐欺メールなので無視して問題ありませんが1点だけ確認が必要な内容があります。それはメールの中にハッキングしたというパスワードが記載されているのですが、そのパスワードが過去に自分が設定したパスワードの可能性があるということです。

実際に当店に届いたメールにはあるウェブサイトに登録した時のパスワードが記載されていました。もし記載されているパスワードに心当たりがあり現在もそのパスワードを使用している場合は早急にパスワードを変更した方が良いと思います。

今回のメールではビットコインでの支払を要求しているので実際に支払いまでしてしまったという人はあまりいないと思いますが自分で設定したパスワードが記載されていると驚いて、なんとかしなければと思うことがあるかもしれません。そのような時は自分一人で行動する前に誰かに相談することが大切です。。当店にご相談頂いたお客様の中には警察に連絡して確認してもらったという方もいらっしゃいました。実際、岩手県警には「サイバー犯罪対策課」という部署でパソコンやスマートフォンのトラブルに関する相談を受け付けていますので、そのような公的機関に相談するのも良いと思います。

3+